賃貸物件を探す際に家賃はどのくらいまでで考えるかということはとても重要です。収入などから考えた家賃について。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

賃貸の支払う家賃はどの位にすれば良いのか

賃貸物件を探す時、まず決めなくてはならないのが家賃の希望です。初めての一人暮らしや、結婚して新しく新居を構えるなど今までと生活が変わる際にはどのように家賃を決めたらよいか分からない人も多いです。まず良く言われるのは月々のお給料の3分の1までに家賃を抑えるということが一般的な目安になっています。例えば20万円のお給料の場合6万〜7万円に抑えるなどという単身者が多いです。収入には様々ありますが、やはり家賃については住居をどのように考えているかということも考慮することの重要なポイントになります。

衣食住と言われますが、その中でも住むということに重きをおく人は予算を多めにしてその他を節約する人もいます。逆に他に予算を充てたい、忙しいので家で過ごす時間がない人など住居はできるだけ安く済ませたいという人もいます。ですから家賃の予算を決める際には自分のライフスタイルや考え方に合わせて決めるのが最適と言えます。結婚して二人で住む場合などさらに今後のことを考えることも重要です。できるだけ貯金をしてお金を貯め分譲マンションを購入したいとか将来の夢の為に現在の住居費用を抑えたいと考えるカップルも多くいます。

二人暮らしの場合、収入も二人合わせると多くなるのでつい高い賃貸マンションを契約してしまうこともありますが、共働きをやめて奥さんが専業主婦になった場合など収入は一人分になりますので、そのことも想定しながら家賃を決めた方が後々慌てないので良い方法です。

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.