賃貸マンションは5階建てになるとエレベーターが設置され、その分の保守・点検を行う上で色々と問題が出てきます。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

賃貸住宅経営とエレベーターに関して

賃貸経営のマンションに欠かせない設備としてエレベーターがあります。エレベーターにはロープ式と油圧式の2つに分類できます。屋上のエレベーター機械室からシャフトがピットまで設置され、シャフトの中にエレベーターの籠(カゴ)が収納されており上下に昇降する仕組みになっています。一般的にはロープ式が多く、油圧式は5階程度の高さまでの建物でよく使われています。エレベーターは通常比較的故障は少ないのですが、世間では死亡事例のイメージが先行しています。建築基準法では年1回の法定検査が義務づけられており、月1回〜2回の保守点検に関しては、JISの昇降機検査標準に基づいて行われているのが一般的です。

エレベーターは理由人数が多いので、機械的な傷みより、汚れや傷で約10年ごとにカゴ内部、扉の模様替え等の更新することが多くなります。機械部品は基本的に10年〜12、3年頃に故障が出始めるため、ロープの巻上げ機の解体修理等も含めてこの時期に主要な部品の更新を行います。20年近くなると、ケーブルの老朽化が顕著になり更新する必要が出てきます。

このようにエレベーターは設置されてから20年頃が耐用年数の基準になります。この後10年ぐらいは保守・点検して30年が取替え時期となりますが、日頃の使い方や保守・点検の良し悪しで寿命は短くもなり、長くもなります。30年以降は巻上げ機や制御基板、カゴなども全てリニューアルする事例もありますので、賃貸経営をされる方はエレベーターに必要な費用を十分に考慮しておきましょう。

注目リンク

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.