賃貸住宅を探していくとき重要ないことは家賃ですが、いくらまで探していくのがいいのかといったことなどの問題がある

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

賃貸で家賃は無理なく払える額にする

家賃の目安は月収の3分の1が目安とよく耳にしますが、この月収がいくらか、そして家賃は何が含まれているのかによって、この3分の1という数字は大きく異なっていきます。そして当たり前ですが、月収が多いと、3分の1を家賃にあてても残金も多いので、生活に困りませんが、月収が少なければ3分の1を家賃に宛てると残金が少なくなって、毎日の生活が困ってしまうでしょう。そして月収が少ないときできるだけ家賃を抑えていくために家賃の低いエリアを選んでみたり、小さいタイプのお部屋を借りてみるといったことを考えることは大事です。そして、知ってのとおり賃貸物件は毎月払う家賃にプラスし管理費と共益費といった名目のお金が必要になるものがあります。

家賃は月収の3分の1が目安といわれていますが、この家賃は毎月かかる住居費といった意味で、単純な賃料ではありません。そして、管理費は物件によりまちまちで、マンションなら数千円〜1万円程度、アパートであれば1000円〜5000円程度かかって着ます。さらに車を持っている方であれば毎月の駐車場代がかかり、これもエリアによって異なりますが、やはり数千円〜数万円かかってきます。こうして毎月必要なお金がいくらか考えて、その上で月収の3分の1を家賃胃宛ててもいいかどうか見極めましょう。

注目リンク

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.