賃貸物件を見学するときにチェックするポイントは多いです。そのうちの一つがカビが発生しているかです。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

賃貸物件を見学するときはカビをチェック

賃貸物件を選ぶときには、慎重に選ばなくてはいけません。一度契約をしてしまうと、2年間更新が通常です。2年間は同じ物件に住み続ける可能性が高いからです。そのため、きっちりとした知識を身につけて契約までするべきです。賃貸物件を選ぶときに重要なのが見学です。一度も見学をしないで物件を選ぶことはしないほうがいいでしょう。物件は、ホームページの情報だけではわからない情報がたくさんあります。そのような情報は実際に見学をして、自分の目で確認をしましょう。見学に行くときには、予約をするとスムーズに見学ができます。

物件の室内についたら、チェックするべきポイントは多いです。そのうちの一つが、脱衣所や押入れにカビが発生していないかです。クローゼットや壁や床も確認しておきましょう。カビは掃除をするだけでは匂いがとれないので、既に発生していると大変です。カビが発生しやすい構造になっていることもあるので要チェックです。布団や洋服の収納に困るので、カビは絶対に確認しましょう。また、壁紙が不自然にはがされていたり、修繕されている時には過去にカビが発生している可能性もあります。不動産の担当者に質問をしてみるといいでしょう。

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.