マイホームか賃貸か、天秤にかけて考えた時結果的に決めるのがお金がどのくらいいるかだと思います。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

マイホームよりも賃貸物件という理由について

生活の場である家は、いつかマイホームを、というのが多くの人の夢でしょう。戦後の復興時、たくさんの人が頑張って働いて自分の家を手に入れようとしていたのは、それまで持っていた家が戦争で焼けてしまったり壊されてしまったから、というのもあったと思います。経済が成長期にある時は誰もが同じような収入になりますから、みんな頑張ればマイホームを買えると信じて、そしてその通りに手に入れてきたのだと思います。けれども今は少し状況が変わってきた、と言えるのではないでしょうか。

戸建ての家に混じってマンションが多く建つようになって、たくさんの人が一つの建物内に暮らすようになりました。今まではそうやって狭いスペースにたくさんの家を作ってもそこに暮らす人がいて、集合住宅は重宝されましたが、今は違います。どんどん人口が減ってきて、さらに親元を離れない若者が増えてきたこともあって、賃貸物件への入居者は減る一方です。その結果、家賃が下がって、住宅ローンを組んで返済するよりもうんと安い家賃で住めることも珍しくありません。天秤にかけて考えた時、自分の物にはならないけれどうんと安くなるのなら、ずっと賃貸でいいや、という選択が増えたのも当然なのかもしれません。

注目リンク

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.