賃貸物件に住んでいると通常2年に1回更新があります。更新の際に必要な費用や更新契約について

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

賃貸物件の更新について

賃貸物件は通常更新ができる物件がほとんどです。一般的には2年毎の更新があり、続けて居住する場合には契約の更新が必要です。その際には更新を迎える日の前までに契約書を再度取り交わし更新料などの費用を支払うことになります。更新料については初回の契約の際の契約書に記載されていますが、多いのは賃料の1ヶ月分となります。また、住居の保険も同じく更新されることが多いので保険料も用意する必要があります。更新の際には不動産会社へ更新の手数料を支払う物件もあります。

更新の契約書は一般的には初回に契約した時と同じように契約条項が記載されてある契約書にサイン、捺印をします。契約は不動産会社で行うか、郵送で契約書をやり取りできることもあります。保証人がいる場合には保証人欄に記名、捺印を再度もらうようになります。

更新の際には賃料その他の見直しがあるケースもあります。条件については、オーナー側から家賃の値上げを申し出されたり、逆に家賃を下げますという告知がある場合もあります。契約書にも記載されている通り、景気が良く近隣の相場が上がっている場合には家賃の値上げを求められることもありますが逆のこともあります。借り手からオーナー側に家賃の値下げを相談することもできます。貸主と借主が条件面で合意した上で更新の契約はなされるのです。

注目リンク

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.