賃貸住宅経営において、土地の立地条件をうまく生かした物件の仕様例について説明をいたします。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

賃貸経営における土地の立地条件について

立地条件を賃貸経営に活かした土地活用の事例について説明いたします。所有している土地の環境を、繁華街と幹線道路と閑静な住宅街の3種類に分類してみます。それぞれの立地条件に適した建物の仕様を設定することが賃貸経営には大変重要です。賃貸住宅経営をする場合はそれぞれの立地条件をどのように生かして、どのような住宅をつくれば収益性を向上できるかをつき詰めることになります。

繁華街においては交通の便が良いので、ファミリー層や単身者などに人気があります。経営効率的には、建蔽率や容積率を十分に活用し敷地の有効活用に努めましょう。浴室乾燥機、TVインターホン、温水洗浄便座、エアコン、洗髪洗面台、システムキッチン、追焚き給湯器、ウォークインクローゼットなどの設備を入居所の嗜好に合わせて充実させることが重要です。

幹線道路沿いに関しては利便性はありますが、騒音や排気ガスなどの環境面がマイナス要因となるため、騒音対策として、窓を二重サッシ、道路側を開放廊下、窓部分を道路の反対側に計画するなど建物のプランを工夫する必要があります。閑静な住宅地であれば周辺に分譲マンション等がありますので、専有面積や建物外観や設備の面で、他のマンションと比較しても見劣りしないような仕様にすることが重要です。一定の品質を確保しなければ、将来は空室リスクが発生する可能性がありますので注意が必要です。

注目リンク

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.