賃貸で部屋を借りてずっと暮らすという選択は、もしかすると金銭的にはとてもラクになるかもしれません。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

賃貸でずっと暮らすという選択について

マネー雑誌には必ずと言っていいほど特集が組まれているのが、マイホームに関することです。特集でなくても、マイホームの話題は必ずどこかに掲載されているでしょう。それだけ人生で使うマネーの中でもっとも大きな額であり、もっとも勇気が必要なお金の遣い方なのだろうな、と思います。知り合いに35年ローンを組んでマイホームを買った人がいますが、住宅ローン返済のために夫婦そろって働いています。働くこと自体はよいと思うのですが、住宅ローン返済に追われるように働いている、というその人の話を聞くと、本当に家を買うって大変なことだな、と思います。

そういう特集記事で考えるようになったせいか、近頃は家を買わないと決める人も多いと聞きます。賃貸物件の家賃の下落傾向に歯止めがかからないこともあって、今までよりも安い家賃で良いところに入れるようになったからです。自分の家ではない、というところに不安を感じなければ、古くなってきたら他の物件に引っ越すとかいったことが簡単にできて、賃貸暮らしのメリットが充分発揮できるような気がします。一生分の家賃と住宅購入の負担を秤にかけてみれば、どちらか答えが出るでしょう。仮に賃貸なら、それはそれで何とかなりそうな気がします。

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.