デフレや人口減少によって、持ち家を手に入れるより賃貸物件で暮らす選択が費用軽減につながっている現在です。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

ずっと賃貸物件で暮らしています。

持ち家よりも賃貸という選択について

住むところの確保ということでいえば、持ち家か賃貸かという二つに一つになります。中にはもっと込み入った事情から、借りているわけではないけれども持っているわけでもない、といった家もあるかもしれませんが、そういうのはごくまれです。普通は自分で家を買って長い間ローン返済をして手に入れるか、ずっと家賃を払って賃貸物件に住むかのどちらかで住むところを確保するのが一般的です。どちらが賢い選択になるのかは昔からよく議論されてきましたが、ここしばらくはデフレに陥っていることもあって、賃貸という声がよく聞かれます。

デフレだけではなくて、人口がどんどん減少していくという現象が始まったことも、賃貸物件に空室を増やす理由になっています。空室が増えてきたことで、とにかく入ってもらいたいから、と家賃を引き下げる大家が増えてきました。今までならもっと出さないと入れなかったよい物件に安く入れるようになって、賃貸が魅力的になったことも持ち家を選ばなくなった大きな理由でしょう。またいつか時代が変わって、家は買った方が得、ということになるかもしれませんが、当分の間は借りて暮らす方が住居費が安くて済む、という状態が続いていくと思われます。

Copyright (C)2017ずっと賃貸物件で暮らしています。.All rights reserved.